定期借地権ってなに?

定期借地権をご存知ですか?

  • 定期借地権は、平成4年8月に施行された「新借地借家法」の中で新たに創設された制度です。
  • 一定の期間を決めて土地を賃貸借し、期間満了時に借地権が消滅し土地を更地化して所有者に返還する制度です。
  • 期間満了後、必ず所有者に土地が返却されるところが、普通借地権との大きな違いです。

定期借地権について

「定期借地権付き住宅」は、土地は地主さんと借地契約を結び、建物は自分で建築する、新たな家の持ち方です。

平成4年8月に施行された借地借家法による「一般定期借地権」を利用して、地主は土地を賃貸し、その土地に借地人が一戸建て住宅を建築して住居する住宅をいいます。

「一般定期借地権」とは、一定の期限(一般定期借地権では50年以上)で土地を返還することを条件とした借地権です。

50年後には借地を更地にして返還しなくてはなりませんが、土地価格の約2割程度の保証金と毎月の地代だけで庭付き一戸建てマイホームの夢が叶う、うれしい制度なのです。

大きな特長

 資金にゆとりができる
必要経費は「住宅(上物)費+土地価格の15%程度の保証金+毎月の地代」のみ。
だから土地を購入した場合の50~60%の予算でマイホームが実現します。
保証金は契約満了後には全額返還されます。土地の固定資産税は支払う必要がありません(地主様負担)。
 住まい(建物)に資金がかけられる
土地にかける資金を建物に回すことができるので、妥協のない理想の住まいが実現。
バリアフリーの二世帯住宅や、兄弟姉妹それぞれの子供部屋など、広くて充実した住空間を作ることができます。
また、自由に建てることが可能なので、アパートやマンション、また建替えや増改築もOKです。
(地主の許可が必要。承諾料は不要)
 より快適な環境に住める
高い土地代が必要ないため、環境の良いところや通勤に便利なところで「庭付き一戸建」が手に入ります。
人気の住宅街や、通勤通学に便利な都市近郊などで、快適な暮らしが楽しめます。
せっかく建てるマイホーム。通勤に時間を取られて、家でくつろいだり子供と遊んだりする時間がなくなるのではもったいないですよね。土地購入の場合、価格と立地条件どちらも理想を叶えるのは難しいけれど、定期借地権なら欲張ってもゆとりある資金で叶えられます。
 相続も可能、人に貸すことも可能、地主さんとの交渉によってはその土地を買うこともできます。

よくある質問

皆さまから寄せられたよくある質問やご意見をご紹介し、その疑問や質問にお答えしています。
  • 定期借地のご依頼・ご相談など
  • お気軽にお問い合わせください
  • 営業時間 9:00~17:30

▲ 戻る