お客様の声

お客様の声

定期借地権の利用者様、土地活用を行なった地主様の声をご紹介します。

家族みんなにとっての理想の住まいを「定期借地」で実現しました

家族みんなにとっての理想の住まいを「定期借地」で実現しました

  • 一般的に土地は「買うもの」という意識がありましたし、最初は買うつもりで土地探しをしていました。定期借地のこともあまり知りませんでしたし、借地なんてお金に困っている人が利用するものだというマイナスイメージがあり、抵抗もあったのですが、今はまだ小さい二人の娘もいずれは結婚して出て行くかもしれないことや、庭や趣味にお金をかけたい、建物だけでなく庭なども含めて理想的な家を実現したいという思いがあり定期借地で土地を借りることにしました。 もちろん地主さんとトラブルになったりしないか、途中で解約したらどうなるかなど色々と不安もありましたが、YOI定借センターの方が何度も親切丁寧に説明してくれたので納得できました。 実際住んでみて一番感じることは固定資産税がかからないこと。浮いた土地代を建物にまわせて、理想の住まいを実現することが出来たと思っています。

浜松市 借主 K様

ライフスタイルを変えずにマイホームを持てたことがとても嬉しいです

ライフスタイルを変えずにマイホームを持てたことがとても嬉しいです

  • きっかけは当時住んでいたアパートに飛び込みの営業の方が来たことでした。最初は家を建てるつもりはなく、営業の方から「定期借地」制度のことを聞いた時もピンと来なかったのが正直な感想です。 ですが、これから先のことを考えると自分の状況や社会情勢がどうなるかも分かりません。土地を購入して後々の心配をするより、返したい時に返せる方が楽かなと考え、今のライフスタイルを変えずに暮らせるならと思い切って「定期借地」で家を建てることにしました。 実際、住宅ローンと地代を合わせても月10万円もいかない位なので時々外食や旅行に行ったりと前と変わらない暮らしが出来ていますし、自分の土地という感覚で住めるので庭を自由にガーデニング゙したりして楽しんでいます。 今は娘が一人おりますが、いずれは娘も結婚して家を出て行きますし、結果的に買わなくてよかったなぁと思っています。

浜松市 借主 T様

広い庭も欲しかったんです。家庭菜園とバーベキュー、楽しい休日を過ごしています。

広い庭も欲しかったんです。家庭菜園とバーベキュー、楽しい休日を過ごしています。

  • 探していたのは、買い物や交通の便が良くしかも広い敷地の安い土地。それを言ったら不動産屋さんに大笑いされました。見つけたら逆立ちして歩きますよ。とまで言われる始末です。 口惜しいけど理想の家庭菜園や休日のバーベキューのためには、郊外の遠距離も仕方ないと覚悟しかけた時に、「定期借地」で家を建てたという友人の話を聞きました。 土地は持つべきものと思っていた私には、理解するのに少し時間が必要でした。でも夫の「自分名義の土地にしても固定資産税という名の“土地代”を国に月々支払うんだ」という発想に目からウロコ。 基本的に土地は国のもの。 借地にこだわっていた私を止める理由がなくなりました。約70坪の土地の北西角に家を建て、念願の庭も完成。 休日は家族でバーベキューや家庭菜園を楽しんでいます。便利な生活の中に自然もあり、潤いのある毎日を過ごしています。

浜松市 借主 I様

土地代の返済に追われるのは嫌。毎年の「ハワイ旅行」が行けなくなるから。

土地代の返済に追われるのは嫌。毎年の「ハワイ旅行」が行けなくなるから。

  • 子供たちはすぐに大きくなって親の元を離れていく。自分も経験したことなのでよく理解しているつもりです。高校や大学に進む前に思いっきり子供との時間を楽しみたいと夫婦で考えていました。 家をつくるときも悩みました。この先20年もすれば、また夫婦だけの生活に戻るわけだし、このままマンション暮らしもいいね。と話していました。 でもその20年をより大切にするのなら毎日暮らす家にこそお金を注ぐべきだと決断しました。 決め手は「土地を買わなくてもマイホームを建てられるわ」と定期借地のチラシを妻が見つけたことです。 週末には外食したり、家族で海外旅行へ行く生活スタイルを変えずに、マイホームを手に入れました。子供たちもきれいな一戸建てに大満足。友だちを家へ呼んで遊ぶ笑顔が「定期借地を選択した正しさ」を証明していると思います。

浜松市 借主 T様

代々受け継いだ土地を手放すこと無く税金の悩みを解決しました

代々受け継いだ土地を手放すこと無く税金の悩みを解決しました

  • 田んぼの土地が600坪ほどあったんですが、貸すために埋め立てたら税金が10倍ぐらいになってしまって…。先祖から受け継いだものですし簡単には売る気にはなれず、定借の説明会に行ってみました。 土地貸しは一度貸したら戻ってこないというイメージがあったんですが、説明会でいろいろ聞いてみると先入観も晴れまして、やってみようかと思ったんです。もちろん当初は不安もありましたが、自分の資金を使わずに済み土地が無くなることもないところに魅力を感じました。 はじめの頃、貸す際には地主の私たちも役場に出向いての手続きなど若干の手間はありましたが、売却したりアパートを建てたりに比べたら楽なもの。今は担当さんに任せているので本当に手間いらずです。 1年で12軒が埋まり、しかも昔の貸し賃のままなので、土地の値段が下がった今は貰えるお金が多いのも嬉しいですね。何より担当の方が頻繁に来てくれて管理面も安心しています。

磐田市 地主 O様

アパートやマンション経営はリスクが… 借主様との面倒事もなく定借で正解

アパートやマンション経営はリスクが… 借主様との面倒事もなく定借で正解

  • もともと会社に貸していた土地が赤土で埋め立てられちゃって、ここをまた農地に戻すのも大変だなぁと思っていた時に定借を勧められました。 他にも田んぼがあったんですが水を入れるポンプの音がうるさいと苦情があったので埋め立ててこれも定借にしました。 借家やアパートにしないかという勧誘は当時も今もすごく多いんですが、ローンやら何やらでかえって利益が少なくなるのではないかと思って考えませんでした。マンションやアパートを勧める人は借金も財産のうちって言いますけど、定借の方が気が楽だと思います。実際、定借にしたら固定資産税がすごく下がって、相続税評価も65%(当初期間)になったのはとても有り難かったです。 担当さんがいるので自分で事務処理や経理をやらなくていいし、地代の滞納などがあっても直接やりとりしなくていいので助かります。50年ていうのは長いですが、土地を売る場合も時価で地主の意思で売ることが出来るので、建て貸しに比べたら不安は少ないと思いますね。

浜松市 地主 Y様

よくある質問

皆さまから寄せられたよくある質問やご意見をご紹介し、その疑問や質問にお答えしています。
  • 定期借地のご依頼・ご相談など
  • お気軽にお問い合わせください
  • 営業時間 9:00~17:30

▲ 戻る